ごん太のスポーツ塾

:::50代オヤジのスポーツ中心の気侭な戯れ言。ときには日々の日記も:::
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 迫力満点! 「明日の神話」 | main | 想定外の出費の予感 >>
# 15年目のリベンジ!
いやいや“ 岡田ジャパン”完勝でしたね。
眠い目をこすりながらなんとか試合終了までチェックしました。(試合開始まではソファーでこっくりこっくりしていた)

それにしても久し振りに安心して見れる岡田ジャパン。アウェーでのあの勝利は価値があったと思う。
専門家に言わせると「まだまだ課題の多い試合展開、ゲーム運びだった」などと言われるのかも知れないが、ボクは磐石のゲーム展開だったと言ってあげたい。

3−0というスコアから攻撃だけがクローズアップされてしまいそうなんだけど、ボク的には守備の要である中沢を欠きながらだったディフェンス力を評価したい。
敵の主力(ストライカー)を前半でしっかり押さえ込み、本来のプレーをさせなかったのが勝因だと思う。特に相手プレーヤーが自由が利かないほどに3人・4人で挟み込むスタイルは有効だったんじゃないか?その隙に4人目・5人目が回りこみボールを奪う、そんなシーンが何回か見られたように記憶している。(間違ってたらゴメンナサイ、でもボクにはそう見えたし、印象に残っている・・・笑)

いずれにしても、あのドーハの地での勝利、良かったです。

ボクはミョーに印象に残っているんです、あの『ドーハの悲劇』のシーンが。それも克明に。

昨日のゲーム前に何度も何度もそのVTRがリピートされていたが、あれを観る度、自分自身のあの日の思い出も鮮明に蘇ってくる。

もうあれから15年も経つんですね。
たまたまボクはあの日、愛知県の豊橋市まで車で向かうことになっていた、それも一人っきりで・・・。
あの当時、東名高速はトラック輸送の要で、当然渋滞を避ける意味で移動は深夜にと決めていたので、あの日は好都合とばかり友人の家でテレビ観戦だった。

『良し、これで決まりだな』と思っていた瞬間にあのシーン。
本当に悔しくて、切なくて、悲しかった。

とてもその後すぐに一人で東名高速を疾走する気にもなれず、数時間放心していた記憶がある。
とはいえ仕事。大型トラックの列に揉まれながら途中休憩も取らずに走り続けていたのだが、東の空が白み始めた頃、静岡県の磐田市という標識を見た瞬間、ベンチで倒れこんだ“ゴン中山選手”のあのシーンがリフレインし、どうにも堪らずサービスエリアに入り込み一人寂しく悔しさを消化しようと休憩していた。


あれから15年なんですね〜。

なんだかホットしました。

昨日はゲーム終了のホイッスルと同時に、あのサービスエリアでのシーンを思い出しながらひとりニヤ笑いしていたように思う・・・(笑)

いずれにしても岡田ジャパン、おめでとう!

| comments(0) | trackbacks(0) | 23:54 | category: サッカー |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:54 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links