ごん太のスポーツ塾

:::50代オヤジのスポーツ中心の気侭な戯れ言。ときには日々の日記も:::
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 夕張破綻の象徴、解体! | main | 奇跡のシンフォニー >>
# 立場を変えて・・・。
今日付で会社の仕事が変わった。所謂人事異動です。
といっても、そこは緩い会社なんだな、過去にもそうだったし、ほかの部署でも同じだったのだが、実際の業務が進行するのは2週間後くらいあとから・・・。

仕事のカテゴリー(担当する商材)は大きく変わらず、言ってみればいままでの経験・スキルをそのまま発揮、より発展させて会社の業績に貢献しなさいというミッションを持つ部署。
そういう意味精神的に楽ではあるのだが、プレッシャーも厳しさも増すことは間違い無さそうです。

そして明確に違うのが、コミュニケーションの相手。
いままで『いい商品だから売ってください』『早く買ってくれないとなくなっちゃうよ』と言っていれば良かったものが、これからはその商品を仕入れて『ぜひ買いませんか?』と提案する立場に。
でもって相手はいままでは同じ業界の人間だったのが、これからは実際にお金を払って買って下さるお客様になる。ボクらからすると、まるっきり180度変わるんですね。

いまの部署で新たなビジネスモデル立ち上げに携わり、ある程度目処がたったことで、そのビジネスモデルを利用し更なる自社の営業利益獲得を目指そうという立場です。

社内営業担当にこの売り物を持って提案を促すのがメインの業務になるのだが、商材は違えど過去に同じような立場で立ち回っていた経験があるので然程心配していなかったのだが、ここ数日その営業セクションを歩いていて想定外の壁を感じてしまった。

何が?って、営業の現場の面々にいつの間にか知らない顔が増えているのだ。そうみんな若いんです(笑) そういえば、その最前線を離れマネジメントする立場になってからかれこれ10年近くになる。それでも当時扱っていた商材はだれでもが理解しやすく、ある意味提案し易すかったのだが、今度扱う商材はそんな簡単ではなく、彼らが納得してアクションを起こしてくれるまでに少々時間を要しそう。 どんなお客様に、どう提案していけばいいのかあまりにも経験が少ないのだ。
ということは、より密なコミュニケーションが必要となってくる。

そんな環境ではあるのだけれど、それでも新しいメンバーと新しい商材を媒介として、あまりコミュニケーションの無い面々に立ち向かっていくのもこれはこれでまた楽しみ。果たして自分のスキルがどこまで通用するのか? どうすればコチラに目を向けてくれて、どう対峙すれば我々のプロモートを理解してくれて“協動”姿勢を見せてくれるのか?

この歳になっても新たな可能性にチャレンジできるというのも幸せなのかも知れないですよね。
そんな訳でこれからしばらくチャレンジ・チャレンジの毎日になりそうです。


追伸:仕事も変わったことだし、本格的な夏を迎えそうでもあるのでこのページも模様替えです。
jugemのユーザーテンプレートを頂戴してみました。 いかがでしょう?

もう一点としばらく迷ったので、もしかしたらすぐさま変更することになるかも知れませんがお許し下さい(笑)
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:50 | category: 仕事まわり |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:50 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links