ごん太のスポーツ塾

:::50代オヤジのスポーツ中心の気侭な戯れ言。ときには日々の日記も:::
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 新たな隠れ家発見! | main | 最後のマンガ展 >>
# トップアスリートの決断


なかなか興味深く、じっくりじっくり2回も読んでしまいました。
吉井 妙子著 『トップアスリートの決断力』(アスキー新書)

現役トップアスリートへのインタビューから語られた数々のエピソード、トップアスリートゆえの、華やかさの影に隠された苦悩などを丁寧な取材を元にまとめられていて、スポーツ大好きオヤジには楽しみながらも感動をいただきました。

やっぱり優雅に泳ぐ水鳥は水面下では必死に水掻きを動かしているんですよね。
スポーツやっていて怪我に見舞われない選手なんてまず皆無だろうし、トップに登りつめた人間には凡人など想像出来ないような、挫折や苦悩もあってそれを人知れず克服して、またチャレンジして、そして想像を絶する高みに到達する。
著者はそのあたりをとても丹念に取材し、アスリート一人ひとりの懐に入り込み、慎重にクールに、そして時おり熱く表現しきっているのが好感を持てた。

取り上げているのは24人の現役アスリートたち。
野球から松坂・小久保・杉内・福浦・和田など。そしてスケートの清水宏保、岡崎朋美、モーグルの上村愛子などなど・・・、それ以外はコチラを。

そんな中から特に印象に残った部分を引用。
フィギアスケートの村主章枝が演技を終えると、成績や国境に関係なく観客が一様にスタンディングオベーションするんだそうだ。それを本人に告げると、
『私はそんな大それた人間ではないですけど、観て下さる人々の心が豊かになってくれればいいなと願いながら演じています。技や体力は努力でなんとかなるけど、問題は“心”ですよね。演じる側が人々の辛さや苦しみ、あるいは喜びを解かっていないと、どんなに上手く演じても伝わらないと思う』

スピードスケートの清水のエピソードも興味深かった。
脳を鍛錬することによって、人が感じられないような鋭い感覚を手にした。以前ブレード(スケートの刃)のロック(頂点)の位置がずれているとメーカーにクレームを入れたことがあった。メーカーはコンピューターで計測したが違いは無かった。清水は納得しない。念のため精密な三次元計測器で測ったところ数ミクロンの誤差が発見された。(後略)

イチローと並び天才と言われている千葉ロッテマリーンズの福浦和也の一言には感嘆を通り越して、フフフって笑みがこぼれる。
『ボクはバットを折ることはほとんど無いんですよ。ボールにミートした瞬間に“あ、折れるな”というのが感じ取れる。そうすると咄嗟に力を抜くんです。バットを折っちゃうとボテボテの内野ゴロになってしまうし、それ以上にバットを折ること自体が嫌なんです。道具は体の一部ですから』

時速140kmのボールに当てるのに脳が判断する時間て約0.20秒なんですよね・・・(笑)

そんなこんなで面白かったです。スポーツ好きには特にお勧めです。
ただ、ひとつ注文をつけると、というか不満だったはゴルフ界からは誰も取り上げられていません(笑)
| comments(2) | trackbacks(0) | 21:26 | category: エンタメ |
# スポンサーサイト
| - | - | 21:26 | category: - |
コメント
ヒーローさん、いつもありがとうございます。

そうですよね、もちろん我々もプロな訳で、あるパートにおいてはノウハウもスキルも一流でないとやってられませんからね・・・。

トップアスリートというのは、その中でもまた特別優れた才能と感性、俗にいう「天賦の才」をもった人たちなんでしょうね。

いずれにしても、そんな彼らのエピソード(試練・鍛錬など)を知識として吸収しつつ、自分も何かに頑張ろうという意識が大事なんだと思います。

お互い頑張りましょう!

またよろしくお願いいたします。
| gonta | 2008/05/31 12:34 AM |

バットに当たる瞬間に力を抜く!すごいですね。長年の経験と頭・体が反応するんでしょうね!


トップアスリートとなれる為には、生まれもった才能と感性の他、
己の未知の限界を!と努力・磨きを術をしってる。

アタシは、表現力があまり上手くなくてm(_ _)mなさい。


アタシ達、仕事人にしても多少なりとも・・。
いや、自分の本職の感ってあるやん。

「うん?」って「待てよ」って。


それで踏みとどまって結果オーライな時がある。
それは、自分の仕事の経験・感・頭脳・体に刻み込まれた物だと
有り難く思ってます(^o^)
| ヒーロー見参 | 2008/05/30 7:57 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links