ごん太のスポーツ塾

:::50代オヤジのスポーツ中心の気侭な戯れ言。ときには日々の日記も:::
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 『イチロートークスペシャル』なんとかゲット | main | 中学受験、ガンバレ受験生! >>
# 小野伸二、晴れ晴れ入団会見。
昨日のハンドボール、すごい盛り上がりでしたね。生放送をライブでチェック出来たのは試合終了前15分くらいだったんだけど、家に入りテレビから洩れて来たサポーターの応援を聞いた瞬間はサッカーの親善試合の方だと勘違いしてしまった。

やっぱりマスコミの影響力って凄いですよね。
昨日の代々木体育館の観客をはじめ、お茶の間でテレビ観戦した人の7〜8割はハンドボールの観戦って初めてだったんじゃないかなあ。これだけの短期間でこれだけの話題づくりってそうそう出来ない。
今回の一連の騒動(フィーバー?)で一番恩恵を受けているのはきっとハンドボール協会の関係者でしょうね(もちろん選手は別として)。 彼らのいままでのPR活動だったら国民の大半はオリンピック予選がいつ、どこで、どんな国々と争って出場権を得るのか? バスケットのルールとどこがどう違うのか?さえ知らなかったですよね(少なくてもボクは知らなかった)。

とにかく今回のマスコミの過熱ぶり、PR費用に換算したら間違いなく億の単位。協会のこれまでのPR予算がどの程度だったか知らないが、今回ほどの仕掛けはどんな優秀なプロデューサーでもそうそう出来ない。結果から見れば“中東の笛”と呼ばれた今回のアクシデントが計り知れないPR用のツールとなったということでしょうね。
ホントにいまの世の中なにがプラスに作用するか解らないですね。

いずれにしても、せっかくここまで盛り上がったハンドボール熱、協会関係者は一時の満足で終わらせること無く、5月の最終予選会はもとろんのことハンドボールファンづくりにしっかりと繋げて欲しい。


それと昨日ボク的にはとてもうれしかったニュースがこちら
小野伸二選手が、サッカーのドイツ1部リーグ「ボーフム」に移籍し、入団記者会見が行われた。

正直言って彼がオランダから戻っての2年間ってまったく彼本来の力を発揮できてなかったように思う。やっぱり小野にはヨーロッパが似合う・・・、と勝手に思ってます(笑)。
浦和での出場試合数も少なかったし、故障がちだったし、本人のモチベーションもちっとも上がってなかったように感じていた。

「ボーフム」での記者会見でもチームのメンバーに対して『みんな、意識が非常に高い・・・(後略)』なんてコメントしてたし、晴々した表情がもの凄く良かった。
このモチベーションを持ち続けていたら左足首のケガもすぐに回復しちゃうんじゃないかな、って感じちゃうほどだ。

きっと彼はヨーロッパのサッカーが好きなんだと思うし、そして、もしかしたら日本のサッカーには馴染めないのかも知れないです。
とにかくボクの中で日本人ナンバーワンのサッカー選手は小野伸二。
今シーズンはきっと輝いてくれることを楽しみに見守って行きたい。




| comments(0) | trackbacks(0) | 21:31 | category: サッカー |
# スポンサーサイト
| - | - | 21:31 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links