ごん太のスポーツ塾

:::50代オヤジのスポーツ中心の気侭な戯れ言。ときには日々の日記も:::
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 誕生、日本初の高校生プロゴルファー | main | 石川遼プロに苦言・・・? >>
# スポーツ三昧の3連休
明日からの3連休、国立競技場はまたまた熱くなりますね。
楽しいだろうな、3日間通っちゃったりして・・・(笑)

12日(土)は「大学ラグビー選手権」の決勝『慶應vs早稲田』戦が。
そして13日(日)は「大学サッカー選手権」の決勝『法政vs早稲田』戦。
そしてそして、最終日14日(祝)がこの連休のメーンイベント(笑)「高校サッカー選手権」の決勝『藤枝東vs流経大柏』戦。

ラグビーは早稲田が圧勝なのはもうほとんど決まりだろう。興味は慶應がトライ1つ奪えるかどうか?ってところだろうし、なんといっても久し振りに“冬の雨”らしいからな・・・(笑)
大学サッカーは、う〜ん、これは微妙な試合でしょうね、きっと。総合力では法政が上ですかね。リーグ戦でも数試合続けて法政が勝っていたようだし、サッカーってとにかくやってみないと解らないですからね。

それにしても、やっぱり最大の興味は高校サッカー。
一部の報道では準決勝から決勝の間に「一週間も休んで良いのか?」とか「リズム維持の為にはせめて2日後くらいには組むべきだ」とかの批判もあったが、「学校行事もあるし、疲れをとるにはこのくらい休ませ、万全の体調で戦わせてあげるべきだ」と、この一週間の空白を評価する意見もあった。

たしかに準決勝と決勝の間を一週間も空けるのというのはイベントとして観ればマイナスに違いないが、真夏の甲子園で毎年批判される選手の疲れの問題なんか考えあわせると、これもまた有りなのかもしれませんよね。それと今回は千葉と静岡のチームなので負担は少ないが、地方から出場するチームだと関係者を含めて大変なご苦労でしょうね。
いずれにしてもこの高校サッカーは注目です。

そんな訳で14日は多分国立競技場にいると思います。
我が家では妻と娘は日曜日に某アイスアリーナでアイスホッケーの応援らしいし、ボクは年末からの休みですっかり鈍って重たさを感じ始めた自分の体を少しばかり動かしたいので、土日は久し振りにソフトボールの練習へ。
そして成人の日はやっぱりなんとか都合つけて国立へ。高校生たちにまたまた元気をもらってくるつもりです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:56 | category: サッカー |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:56 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links