ごん太のスポーツ塾

:::50代オヤジのスポーツ中心の気侭な戯れ言。ときには日々の日記も:::
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 打ち納め! | main | 大掃除になに思う・・・? >>
# クリスマスプレゼントの発注ミス
情けないミスを犯してしまいました。
なんとクリスマスプレゼントの発注ミス(笑)

それまで特段の訴えをしていなかった娘が突然言い出したクリスマスプレゼント。
イブの24日、ゴルフから戻った後の食事の席で、『この前話していたあの商品、やっぱり欲しいんだけど・・・』と訴えてきた。
1ヶ月ほどまえ、娘との会話で出ていたi-pod用のaudio-technicaのインナーイヤーヘッドフォン。決して高価なモノでもなかったので、まあコレで喜んでくれるならと、その場で快諾、さっそくamazonでクリック。

でもって昨日届き喜んで封を切った娘がその場でフリーズ!
なんとカラーがブラックとホワイトの2種類あったのを全く気付かずノーケアでリクエストしてしまっていたようです。

そこは高校生の娘。価格など関係なくカラー違いは許せない様子で困惑している。

こうなったら面子にかけても交換せねばならず、すぐさま返品手続きに掛かった。

イヤー、驚きです。さすがamazonでした。
初めての体験だったがこの辺りのサービスシステムしっかりしています。
手続きを進めていくと、PDFで返品用のバーコード、返送用シートが現れ、それをプリントアウトし、集配業者にもその場でWEB予約を入れる。集配リクエスト受付メールが届いて30分後には業者が玄関に現れた。

いやはや完璧です。数百円の送料だけ支払って完了です。

この返品が受理されたあと果たしてどんな手続きでもって返金ないしは商品交換となるのかは定かじゃないが、ここまでシステマティックに整えてある以上多分トラブルはないだろうと期待。
まあミッションとすれば、早目に希望のカラーのヘッドフォンを娘の手元に届けるのが最優先なのに違いは無いのだが、その目的とは別にamazonのシステムがこの先どのような対応になるのか経験してみたい欲求も高まってきた(笑)

う〜ん、これも勉強。
娘には言えないが少しばかり楽しみでもあったりする・・・(笑)
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:25 | category: 趣味いろいろ |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:25 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links