ごん太のスポーツ塾

:::50代オヤジのスポーツ中心の気侭な戯れ言。ときには日々の日記も:::
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< フィンガーピッキングコンテスト | main | 「マスターズ」レビュー!? >>
# 嬉しい仲間たち

 先日エントリしたように、われらが地元のオヤジソフトボールチームは今度の日曜日に兄弟チーム同士での決勝戦となってしまった(こちら

この大会では過去にも別チームで同様の現象があって話題になったのだが、当の我々がこの立場に遭遇し、当日はみんな大いに浮かれ、夏の大会から揃ってトップリーグに昇格となるので『ユニフォームどうしよう?』とか、『メンバー構成、もう一度見直すか?』とか、『もっと新戦力をリクルートしようよ!』などなど、それはそれは盛り上がった祝勝会だった。

ところが、翌日から思わぬ難題が持ち上がった。
なんと決勝戦にどうしてもメンバーが揃わないという事態が判明してしまったのだ。となると決勝戦が成立しない。しかも両チームとも事情は同じで、そんなことになると決勝戦が没収試合となる可能性も出てきて、最悪、両チームともトップリーグ昇格見送りなんて処置も想定される。

メーリングリストでの再度の出欠確認がやり取りされていた昨夜遅く、一人のメンバー(40代前半)からこんな怒りのメールが飛び込んできた。

皆さんからのメールみてましたが、いっそのこと、両チームとも決勝戦辞退しませんか?
それでトップリーグ昇格も辞退しましょう。
あまりにもこれまでの対戦チーム、審判、連盟に失礼じゃないですか?決勝戦は我々チームだけのためにやる訳ではないですよね。
自分も含めて皆さん予定があるのは分かります。でも決勝までいった以上責任があるのではないですか?決勝戦がそれだけのプラィオリティーなら、辞退でいいのではないでしょうか?


それを受けて別メンバー(20代半ば)から賺さず、

〇〇さんのメールの内容の真意が今いち分かりかねます。
今までの皆さんのメールのやりとりを見てると、どちらかというと、最初は浮かれすぎて周り(これまでの対戦チーム・審判・連盟)に対して失礼だったが、それじゃまずいから、しっかり最後まで戦おう!という形になってたんじゃないかと思うのですが。。
私は当日不参加(元々準決勝で勝とうが負けようが不参加でしたが・・・)なので、言える立場にありませんが、私自身トップリーグ昇格が決まった時は相当浮かれてましたので、周りの事をあまり考えていなかったですが、少なくともこのメールのやりとりをみてそれに気付きましたし、ぞくぞくと参加表明してくれてるじゃないですか。

せっかく念願叶ったトップリーグを、こんな事で辞退なんか絶対したくないです。(後略)



このやり取りを見ていてオヤジはニタ〜っとしてしまった。そしてそのあとホロっと・・・。

このチームの立ち上げから係わって10数年。20歳から60過ぎまでのメンバーが混在するこのチーム、時にはどうしても意見がぶつかる事がある。年齢的なものと立ち上げ時からの主力だったという立場から、なにかあるといつもボク等数人がまとめ役になっていた。

彼らが年齢に関係なくこんな会話をしてくれたらひと安心です。
もうそろそろ卒業かな・・・? 安心して後進に道を譲れそうです。

今回がどんな結果になるにしろ、そんな心地良い思いで一人ゴチていたオヤジだった(笑)


| comments(0) | trackbacks(0) | 13:06 | category: ソフトボール |
# スポンサーサイト
| - | - | 13:06 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links