ごん太のスポーツ塾

:::50代オヤジのスポーツ中心の気侭な戯れ言。ときには日々の日記も:::
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 交通麻痺・・・? | main | 今週末も筋肉疲労、フル・・・(笑) >>
# 勘違いでしょう!
 今日のセンバツ高校野球は残念ながら雨天中止。楽しみにしていた東京代表「帝京高校」の初戦も順延されたようで残念。とはいっても今回の大会は残念ながらまだ一試合しかチェック出来てない。

それよりも残念だったのが、一昨日の出来事。
どうにもいただけない、耳も目も疑うような出来事が高校野球の聖地甲子園球場で展開されていたようですね。

島根県代表の開星高校が1回戦で和歌山から「21世紀枠」で出場していた向陽高校に負けた。
試合後の監督インタビューで負けた開星高校の監督が『21世紀枠に負けて末代までの恥。もう野球をやめたいし、死にたい。腹を切りたい』などと到底教育者らしくない発言をし、大問題になっている。

翌日には開星高校の校長までもが謝罪に出向いたほど。
その発言自体問題なのだが、ボクがさらにその常識を疑ったのが、翌日高野連に謝罪に訪れたという監督の姿。これってもう論外でしょう。
(以下「nikan sport com」から抜粋、写真も得とご覧ください)
 
甲子園球場で会見した野々村監督は「高野連と21世紀枠、向陽高校を侮辱する気はなかった。心からおわびしたい。抽選会後は地元から楽勝と言われ、中国大会王者として負けたら恥ずかしいと正直思った。試合後は悔しく、情けない気持ちでいっぱいだった」と説明。地元島根から日本一を目指す思いに話が及ぶと、涙を流して言葉に詰まった。

 同日午後にはバスで松江市内の同校に戻った。今後の進退について「ロマンを持って監督をしている。もう1度やりたい」と監督を続ける意向を表明した上で、「高野連に『不適格』と言われれば、従わざるを得ない」と話した。向陽に出向いて謝罪した同校の大多和聡宏校長(52)は「明日直接会ってから考えるが、何らかの処分は当然」と明言。退任させる可能性には「直接会ってから」と、否定しなかった。開星では全校集会を行い、今回の騒動を生徒に説明するなど、波紋は広がっている。

野々村監督は甲子園を訪れる際、シルバーのスーツに黒シャツ、赤や黄色の柄が入ったネクタイに白い革靴というスタイルで現れた。

高校生のお子さんを持つ親御さんたちこの先生の姿を見てどう思われるでしょう。
しかもこの監督、野球部の監督としての契約だけでなく、なんと美術の教師で58歳なんだそうだ。
「開いた口が塞がらない」ってこういうことでしょう。

間違いなく勘違いしています。学校関係者もここでキチット襟を正し正常な方向に導くべきでしょう。
たとえ野球ではどれほど輝かしい実績と実力と素晴らしい指導力があったとしても高校野球の監督としては許すべきでないと思う。

決して「人間見た目が9割」などと言うつもりもないが、これは看過出来ない。彼の内面までしっかり映し出している。誰がどうみても教育者が自分の犯した不始末を謝罪に行く姿ではないでしょう。

古い人間の戯言なのかも知れないが、こんな教師に指導を受ける高校生が可哀相でならない。

| comments(0) | trackbacks(2) | 23:38 | category: 高校野球ファン |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:38 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://88gonta88.jugem.jp/trackback/1111
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/03/25 2:07 AM |
開星 監督
UFOーXーファイル商品価格:1,427円レビュー平均:0.0 向陽校長は開星校長の謝罪を「了承」 ‎18 時間前‎ 会見で謝罪する開星の大多和校長(右)。左は向陽の板橋校長 22日に行われた第82回選抜高校野球大会1回戦で開星(島根)野々村直
| 最速ニュース | 2010/03/25 4:28 AM |
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links