ごん太のスポーツ塾

:::50代オヤジのスポーツ中心の気侭な戯れ言。ときには日々の日記も:::
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 胃も肝臓も悲鳴・・・? | main | 新しい武器ゲット! >>
# 「月まで走れ!」
 高校サッカー選手権、魅入ってしまいました。
そして彼らの熱い想いにウルウルしてしまった。

今日の準決勝第2試合、青森山田vs関大一高
2点リードされた関大一校は怒涛の攻撃を仕掛けるのだが、攻めても攻めても1点が奪えない。

「ここまで攻め立てても得点出来ない時って気力が途切れ、逆に追加点を奪われるかも・・・?」と思いながらひとり観戦していた。
その矢先、危うくというシーンもあったが、幸いにも相手のミスで免れる。

そして後半44分、試合終了のホイッスルまで残り1分、関大一のエースがゴール前で強引にシュートに行きそれがネットを揺らす。しかしこの時点でもう残り1分を切っている。
本来なら万事休す、それでも最後に1点を返し雪辱、となるのだが、オフィシャルの提示したロスタイムはなんと3分。それがまた関大一の選手たちを元気付け、手を緩めることなく怒涛の攻めを続ける。

そしてロスタイムも残り1分となったところでなんと同点ゴール、同点でPK戦に持ち込んだ。
この関大一の選手たちの諦めない心、精神力素晴らしかったです。

結果は残念ながらPK戦で敗れることになるのだが、1点差から同点となるまで約3分、3分間で2点はスゴイ。

この間の選手たちの顔が良かった。
そしてベンチも応援席も一体となって選手にいつも以上の力を発揮させていたようです。

チームの力は青森が優勢だった。でも、これが高校生のスポーツなんですよね。
勢いから行けば(ドラマの脚本でもそうだと思う・・・笑)PK戦も間違いなく関大一が制してるんだけどなあ・・・。

いずれにしても、疲れが抜けず休養日と決め込んでいたオヤジは関大一の選手たちの頑張りに元気を貰いやっと復活です(笑)


そうそう、関大一高サッカー部の合言葉は『月まで走れ!』だそうです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:48 | category: サッカー |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:48 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links