ごん太のスポーツ塾

:::50代オヤジのスポーツ中心の気侭な戯れ言。ときには日々の日記も:::
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# クールな高校生
 久し振りに今日はなにも予定の無い一日。
ノンビリさせてもらった。
いつものようにソフトボールの練習はあったのだがパスさせてもらった。

というのも、今週もほとんど毎日日付変わってからの帰宅。
しかも連日続いた猛暑日の影響もあってさすがに疲れが溜まってたようです。

というか、今朝散歩していて思ったのだが、毎年このくらいになると夏の疲れが出てくる。
甲子園の高校野球も終わって「そろそろ秋?」って思う頃に体調崩すんだよな、気をつけよう。

そんな訳で今日の甲子園決勝戦、ゆっくり堪能させてもらった。
予想外の点差が付いてしまったけど、今日もまた素晴らしいゲームだった。高校生から元気をいっぱい貰いました。選手達に感謝!

それにしても最近の高校生すごいなあ!・・って思う。
まるでプロ野球の選手かと思えるほど、試合中どんなピンチになろうとも冷静でクールな表情をしている。
「ヤバイ、どうしよう?」 とか、「参った〜、なんとかしなくちゃ!」って雰囲気の慌てた表情とかしない。
どうみてもボクらの時代より、大人だし、カッコ良い(笑)

これって現代っ子だから・・・?
いやいや、きっと違うなあ。
多分チームとして専門のトレーナーとかにお願いしてメンタルトレーニングとかをしてるんだろうなあ。
まあ専門のコーチとかいうと予算も掛かるので、コーチや監督がそのトレーニングを受け、選手達に指導しているんだろう。

ある視点でみれば「高校生らしい初々しさが無い」なんて見方にもなるんだろうが、最大限のパフォーマンスを発揮するにはそれが正解なんだもんな。良いことなんだと思う。
やっぱりボクらの時代とはまるで違う。

世の中、進化してるんだ。

レベルはまったく違うけど、オヤジもまだまだ進化(深化)しなきゃ・・・です!
| comments(2) | trackbacks(0) | 21:06 | category: 高校野球ファン |
# 首都圏対決!
 さあ、いよいよこの日が来てしまいました。
このあと11:00から、関東一高vs早稲田実業のゲームが始まる。

ここまで来るともう実力とか、過去の対戦結果とかまったく無関係だ。

去年の秋だったか、今年の春だったかに早実は関東一にコールド負けを喫していたハズなんだけど、そんな記憶は払拭して挑んで欲しい。

まあ、いまの早実には失うものはないでしょう。

仕事中とはいえ、なんとかチェックしなくっちゃ・・・!
| comments(2) | trackbacks(0) | 10:19 | category: 高校野球ファン |
# これが高校野球か!
 これが高校野球ってものなんでしょうね。
いやいや驚きました。

誰も予想出来なかったでしょうね、こんな結果
ボクが神宮でチェックした西東京大会の準決勝・決勝を見た限りでは、とてもとても中京大中京に勝てるようなチームじゃなかった。

まあ、監督も驚いているくらいだから、選手が急速に成長してるってことなんでしょう。
これもまた高校野球、甲子園なんですね、きっと。。。。

大体甲子園で勝ち上がるチームって勝ち上がる毎に成長して行くって云いますからね。
4年前のあのチームだってそうだったもんなあ・・・。

いずれにしてもまた楽しみが残りました。

次はなんと東京勢同士の戦い。これまた東京地区予選での戦いぶりからすれば、間違いなく関東一だろうが、もう予想なんか出来ない(笑)

早実には次回もまた選手自身も驚くような120%・150%の出来を期待しよう。
| comments(2) | trackbacks(0) | 17:22 | category: 高校野球ファン |
# グラウンド整備を両校部員に・・・!
 さあ、今日は東京の代表校が揃って登場する甲子園、じっくり観させてもらおう。

今日朝刊のスポーツ面(甲子園特集)、甲子園のスタンドで語っていたダンカンのコメント良かったですね。夏の甲子園でのひとコマを『陽炎』と表現していた。
なんとなく解るなあ・・・。

さすが単なるタレント業だけでなく放送作家・映画監督なんかもこなすマルチな人だあ。しかも野球大好きで熱狂的なタイガースファン。もちろん、高校野球の大ファンでもある。
なんと息子2人は長男が「甲子園」くんで、次男が「虎太郎」くんと徹底している(笑)

そのダンカン氏のコメントがこれまたイケてた。
グラウンド整備の場面を見て、両チームのベンチ入りしていない部員もこのグラウンド整備に参加すればいいのに、って。うーん、これすごくいい。これが出来たら最高だ。

甲子園大会ではベンチ入りする選手以外にボールボーイとして両チームから背番号の無い選手が2人づつ出ているハズ(たしか)なんだけど、それに加えてグラウンド整備係りとして両チームから5人づつなんてスキームが出来たら面白い。

各チームでは3年生になっても背番号をもらえない選手がスコアラー(記録員)とか試合前のノッカーとかで甲子園の土を踏む選手がいるんだけど、この「グラウンド整備係り」っていうのももし出来たら最高の思い出になる。だってあの甲子園の土の整備出来るんだもんなあ・・・。

ダンカンさん、ぜひ正式に提案しましょう。
そんなこんなも考えながら・・・。さあ、これからライブ観戦だ。

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:11 | category: 高校野球ファン |
# 予想外のプレゼント
 昨日の月例会での日焼けによる疲労が予想以上にきつかった。(とは言っても全英女子最後までチェックしちゃいましたが・・・)

今日から今週一杯夏休みです。
異動のタイミングもあったので今のうちに休んでおくことにした。

あしたからは2泊3日のゴルフツアー(笑)に出掛けます。
その前に遣っておきたかった家の片づけを、と思っているんだけど・・・、うう〜、この暑さなんとかならないか?
猛暑日にならないことだけを祈って、さあ行動開始!


そうそう、ゆっくり新聞みてたら面白いネタを発見してしまいました。

夏の選手権出場校が続々と甲子園入りし、順次練習をはじめてますが、そんな中、CSの「スタイA」ではその出場校のそれぞれの地区での決勝戦の模様を放送してるんです。8月1日から、とにかく全地区の決勝戦をすべて放送する。これはファンにとっては垂涎モンだ!

しかも、このあとの抽選会、もちろん本大会も放送するようです。
当然各放送局から放映権を譲ってもらってのリピートなんだろうけど、昼間ライブでチェック出来ないサラリーマン高校野球ファンには最高のプレゼントです。

マイナースポーツ(アメフト)に関わっている娘のために、と加入したCSなんですが、スポーツ好きオヤジには予想外のオモチャになってくれた。
でもって今日夕方からは西東京・東東京の決勝戦がそれぞれラインナップされている。
う〜ん、楽しみだ。ビールも美味しく飲めそう!(笑)
今日休みにしておいてラッキーでした。

さあ、それまでに今日の片付けミッション終了させねば・・・!
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:14 | category: 高校野球ファン |
# あの熱闘から4年
JUGEMテーマ:高校野球

今日もやはり気になって仕方なく行ってしまいました、神宮球場。
そう、ランチタイムに絡めてチョイと抜け出して・・・(笑)

土曜日の準決勝と今日の決勝2試合を観戦させてもらって、しかも4年振りの甲子園出場決定の瞬間をこの目で確かめて・・・もう満足です。


どんな時代になっても、景気が不安定でも、オヤジの小遣いが減らされてもやっぱり高校野球はいいですねえ。

今日も暑い中(多分フィールドは40度以上あったことでしょう)、そんなことお構い無しの高校生たちの、熱いエネルギー迸る一コマをじっくり堪能させてもらいました。

スタンドも月曜日だというのに内野席がほぼ満員、高校野球ファンの層の厚さを改めて実感させられたし、そのファンも充分に熱かったです。

さあ、あと甲子園での本番はテレビでじっくり楽しませてもらうことにします。

| comments(2) | trackbacks(0) | 23:57 | category: 高校野球ファン |
# 猛暑日の神宮で・・・!
 東京は4日連続の猛暑日だったそうです。ホントに暑かった。

そんな今日、ボクは神宮球場に駆けつけてしまいました。
行きたいという想いはあったものの、体も休ませたいし、頭も休ませたいということで今朝起きた時点では「よし、テレビ観戦だ!」と決めていたつもりだったのだが、第一試合を観戦しているうちにどうにもムズムズとして来て、飛び出してしまった(笑)

準決勝で日大同士、早稲田同士なんてチャンスはもう二度とないかも知れないし、この目でそれを体感しておきたい、という想いと、今年一度もライブで観戦してなかったこともあって・・・。

結果的にその判断は間違ってなかったです。とても素晴らしい試合だったし、高校生たちの溌剌としたゲームに青春の1コマを見せて貰ったし、沢山の元気も貰ってきました。
案の定、それはそれは暑い一日でしたが満足です。

日×日の試合は延長14回まで縺れた緊迫したゲームでしたし、早×早の試合は最後は兄弟校らしく心温まるエンディングで締めくくっていた。
あっ、因みにボクが勝手に楽しみにしていた両試合のスコアボードへのチーム名表記は日大が「三」と「鶴」、早稲田は「実」と「学」でした(笑)

昨日エントリーさせてもらったWASEDAのユニフォームは友人が教えてくれた通り「WASEDA」と「WAS EDA」でした。こちら(asahi・com)の写真でなんとなく確認できます。もちろん遠目ではまったく区別つきませんが・・・。

そんな今日の球場でボクが強く印象に残ったことがあった。というか羨ましかったのだが・・・。

早実の応援団エリアの少し上の席に座って観戦していたのだが、そのあたりはもちろんOBたちが数多く陣取っていた。その中で一際元気な若者たち(30代前半くらいかな?)がグループでいたのだが、聞こえて来る会話が如何にも私立の伝統校のOBって感じで妙に眩しかった。

知り合いを見つけては大きな声を掛けて近くに呼び寄せ、「こいつの顔、見覚えないか?」とか「顔は解るんだけど名前は・・・」とか「お前高等部からだっけ、それとも中等部?」なんて会話から体育祭や文化祭の思い出話などなど。そしてもちろん、野球ネタも多く、自分たちが現役の時は何回戦でどこに負けたとか、この応援歌が云々とか。

その中でひとり大きな声の子が一言『やっぱりさあ、1年に1回こういうところで昔の仲間が集まって、こうやって一緒に校歌とか応援歌とか肩組んで歌えたりっていいよな〜!』なんて。

私学で伝統があって、野球部が強くって、何種類もの応援歌があって賑やかで・・・、そんないくつもが重なっている学校の卒業生たち、やっぱり羨ましい。

たまたま今日時間が出来て同じく応援に行っていた娘と夕食の時にそんな話をふったら、『私も今日球場で何人もの友達に会えて楽しかった。あと何年後とかにこんな機会があったらきっともっともっと楽しいと思うよ』と。

う〜ん、やっぱり眩しいぞ・・・!

| comments(2) | trackbacks(0) | 22:34 | category: 高校野球ファン |
# これもソーシャルメディアの効用か?
昨日のボクのエントリーに対してこんな情報を寄せてくれた仲間がいた。ありがたい!

さて早稲田のユニですが、実は「WASEDA」の「S」の位置が微妙に違う様です。
早実の「S」は胸の真ん中の併せの所にあり、早大学院は「WAS-EDA」と真ん中で
別れてるらしいです。
基本的にはファーストユニのまま試合をすると思います。以前2002年に本大会でも智弁和歌山vs奈良智弁戦で同様の事例がありました。

なるほど〜。

じつはボクらのソフトボールチームも先日の大会で公式戦初の兄弟対決となってしまい、仕方なく急遽ユニフォームの上着だけ追加制作したりしていた。
でもなあ、高校生だし、学校の経費でそこまでというのもあるんだろうし・・・。
ただねえ、サッカーやラグビーやバスケットボールなんかは必ず全チームセカンドジャージを用意してるんですよな。野球だけファーストしか持っていないというのもどうなんでしょう?まあサッカーなどと違って両軍選手が入り乱れるゲームじゃないんだから・・・という理由なんだろうが。


この情報はボクらのソフトボールチームのメーリングリストの仲間から来た。
たかだか30人程度のオヤジのネットワークなんだけど、これも所謂ソーシャルメディアの一種なんだろうな、きっと。

昨日ののさとなおさんのサイト(コチラ)でもソーシャルメディア自体のポジションが変化して来ている、ということを仰っていた。従来のネットの利用はマスメディアで得た情報の詳細を確認する、という位置づけだったが、いまはツイッターなどの急速な普及によってソーシャルメディアでの情報が先に来て、テレビや新聞や雑誌のマスメディアで詳細を確認するようなポジションに変ってくるんじゃないか?と。

きっと、ソーシャルメディアに積極的に係わってきている方々はすでにそんな状態に置かれているんでしょうね。

こんな他愛の無いネタだったんだけど、そんな環境を実感した出来事だった。

う〜ん、オヤジはどこまでついていけるのか・・・?

いずれにしても明日の神宮がさらに楽しみになって来ました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:35 | category: 高校野球ファン |
# 兄弟校同士の対戦に!
 高校野球西東京代表決定戦(予選会)は今日準々決勝が行われたのだが、その結果、準決勝はなんと兄弟校同士の対戦になってしまったようです。
(夕方ニュースをキャッチした時点でtwitterでは発信したのだが、残念ながらこのページへの設定が上手く出来てない)

一方のブロックは早稲田実業と早大学院、もう一方は日大三高と日大鶴が丘。
この準決勝二試合は今週の土曜日、神宮球場で行われることになった(今日の詳細はこちら

これってもの凄い巡り合わせ、そして快挙ですよね。

4年前、早実があの斉藤祐樹君を擁して全国制覇した時は、準決勝が日大鶴が丘で、決勝が日大三高だった記憶があるが、こんな組み合わせは滅多にない。
まあこの三校は実績も実力もあるのだが、伏兵は早大学院だ。
今日のニュースではどうもベスト4に残ったのも50数年振りだという。

関係者の皆さんにとってはそれはそれは喜ばしいことに違いないだろうが、一高校野球ファンにとってはこれは単なるゲーム以上に溜まらなく興味深くもある。
日大三はベスト8を賭けた試合も同じ兄弟校の日大二高だったんだよな。

主催の朝日新聞サイトの応援メッセージコーナーは各校のファンが盛り上がっていました。
特に早大学院が熱い。実業は系属で学院は付属、直系なのは学院だとか(笑)(⇒コチラ

そりゃ、OBたちにとっては堪らない楽しみでしょうね。
これも高校野球の魅力のひとつなんだから、それはそれで良い!

ただ、試合どうするんだろう?
日大は両校ともユニフォームも違うんだけど、WASEDAはほとんど同じ。

そしてもっと困るのは応援団だろう。
これは日大も同じなんだが、校歌は違えども応援歌はほとんど一緒だ。

先ほどの応援メッセージによると、早稲田の場合、大学の校歌を歌えるのは学院だけなんだとか(笑)

いずれにしても土曜日の神宮球場は盛り上がりそうです。
| comments(2) | trackbacks(0) | 00:17 | category: 高校野球ファン |
# 勘違いでしょう!
 今日のセンバツ高校野球は残念ながら雨天中止。楽しみにしていた東京代表「帝京高校」の初戦も順延されたようで残念。とはいっても今回の大会は残念ながらまだ一試合しかチェック出来てない。

それよりも残念だったのが、一昨日の出来事。
どうにもいただけない、耳も目も疑うような出来事が高校野球の聖地甲子園球場で展開されていたようですね。

島根県代表の開星高校が1回戦で和歌山から「21世紀枠」で出場していた向陽高校に負けた。
試合後の監督インタビューで負けた開星高校の監督が『21世紀枠に負けて末代までの恥。もう野球をやめたいし、死にたい。腹を切りたい』などと到底教育者らしくない発言をし、大問題になっている。

翌日には開星高校の校長までもが謝罪に出向いたほど。
その発言自体問題なのだが、ボクがさらにその常識を疑ったのが、翌日高野連に謝罪に訪れたという監督の姿。これってもう論外でしょう。
(以下「nikan sport com」から抜粋、写真も得とご覧ください)
 
甲子園球場で会見した野々村監督は「高野連と21世紀枠、向陽高校を侮辱する気はなかった。心からおわびしたい。抽選会後は地元から楽勝と言われ、中国大会王者として負けたら恥ずかしいと正直思った。試合後は悔しく、情けない気持ちでいっぱいだった」と説明。地元島根から日本一を目指す思いに話が及ぶと、涙を流して言葉に詰まった。

 同日午後にはバスで松江市内の同校に戻った。今後の進退について「ロマンを持って監督をしている。もう1度やりたい」と監督を続ける意向を表明した上で、「高野連に『不適格』と言われれば、従わざるを得ない」と話した。向陽に出向いて謝罪した同校の大多和聡宏校長(52)は「明日直接会ってから考えるが、何らかの処分は当然」と明言。退任させる可能性には「直接会ってから」と、否定しなかった。開星では全校集会を行い、今回の騒動を生徒に説明するなど、波紋は広がっている。

野々村監督は甲子園を訪れる際、シルバーのスーツに黒シャツ、赤や黄色の柄が入ったネクタイに白い革靴というスタイルで現れた。

高校生のお子さんを持つ親御さんたちこの先生の姿を見てどう思われるでしょう。
しかもこの監督、野球部の監督としての契約だけでなく、なんと美術の教師で58歳なんだそうだ。
「開いた口が塞がらない」ってこういうことでしょう。

間違いなく勘違いしています。学校関係者もここでキチット襟を正し正常な方向に導くべきでしょう。
たとえ野球ではどれほど輝かしい実績と実力と素晴らしい指導力があったとしても高校野球の監督としては許すべきでないと思う。

決して「人間見た目が9割」などと言うつもりもないが、これは看過出来ない。彼の内面までしっかり映し出している。誰がどうみても教育者が自分の犯した不始末を謝罪に行く姿ではないでしょう。

古い人間の戯言なのかも知れないが、こんな教師に指導を受ける高校生が可哀相でならない。

| comments(0) | trackbacks(2) | 23:38 | category: 高校野球ファン |
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links